急性副鼻腔炎って怖い病気なんです!

主人が先週から急性副鼻腔炎(蓄膿)で入院しています。

 

おかげさまで退院の日も決まり、今では元気です。

 

蓄膿って結構耳にしたこともありますし、大した病気ではないと思っていました。

 

でも、同じ病気になるかもしれない人のために主人の体験談を書いておこうと思いました。

 

主人は、入院する1週間前くらいに風邪をひいて微熱がずっと続いていました。

喉が痛いようで市販の風邪薬を飲んでいました。

 

土日は仕事が休みなので、土曜日になってから内科に行って薬をもらってきました。

 

私は買い物に出かけていて、帰宅してみたら、主人が鼻の奥と目の奥にすごい痛みがあって我慢できないと言っているのです。

 

慌てて、大きい病院に電話したところ、診てもらえることになりました。

 

CTを撮り、耳鼻科の先生はあいにくいなったんですが、内科の先生に蓄膿と診断されました。

 

その日は抗生剤をもらって帰宅です。

 

とにかく病名はわかったので安心できましたし、症状も落ち着いてきました。

 

でも、その夜に痛みがひどくなったので、痛み止めをお願いしてもらってきました。

 

受診した病院は火曜日でないと耳鼻科の先生がいないため火曜日まで待たなくてはいけませんでした。

 

日曜には痛み止めを飲み、氷で冷やし、主人も痛みをずっと我慢していたようです。

 

そのうち歯まで痛くなってきてすごく辛そうで、みているのもかわいそうなくらい。

重症でもう少し遅れたら失明の可能性もあった・・・・

月曜日なりましたが、片目が少ししか開かないくらいに腫れてきました。

 

痛みもひどいため、もう火曜日まで待てなくって近くの耳鼻科に行くことにしました。

 

耳鼻科の先生に、重症でもう少し遅れたら失明の可能性もあったと言われて、もう背筋がぞっとしました。

 

朝夕点滴をして、翌日になっても腫れが引かなければ入院と言われて一時帰宅。

 

耳鼻科に行ってから少し痛みが落ち着いたようで、主人も少し楽になったようで喜んでいました。

 

でも、翌日になっても腫れはひかず、近所の大きな病院に紹介状を書いてもらい行きましたが、ここでも耳鼻科は非常勤の先生しかいない。

 

目がさらに腫れて、ものが二重に見えたりかすんだりしてくるようなら緊急手術になるから、と常勤の先生のいる片道2時間半の病院を紹介されました。

 

そして、そこで入院です。

 

ここでもCTを撮りましたが前回より悪化していました。

 

手術を覚悟していましたが、点滴だけで回復することができました。

 

この病気を繰り返す人も多いらしく、気をつけなきゃって主人と話しているところです。

 

田舎だと対処に時間がかかるので、こういう場合にはつらい場所だって思い知らされたような気がしています。


このページの先頭へ戻る