風邪をひいたら毎回副鼻腔炎…

暑い夏が終わり、夏の疲れが溜まっていたのか、体調悪化で病院に行くことなりました。

 

今年に入り、副鼻腔炎はもう3回目。

 

自然に治ることを祈っていましたが、一週間たってもう我慢しきれない状態になりました。

 

風邪をひくと毎回副鼻腔炎になっている気がします。

 

最初は扁桃腺が腫れものを飲み込むことができなくなる。

 

親知らずが痛みだし、頭痛と体の節々が痛み始め、からだがだるくなる。

寝ようと思っても、仰向けに寝ると鼻の脇辺りが痛くなってなかなか寝付くこともできません。

 

風邪の後にこういう症状になることが多いんですが、風邪より悪いんです。

 

こういう状態になるともう病院に行って、抗生物質をもらうしか対処の使用がありません。

 

ここまでひどくなるまでになんとか手が打てればいいんですが。

 

風邪をひいたら副鼻腔炎になるからって抗生物質を事前にもらっておくしかやりようはないんでしょうか。

 

秋には花粉の時期が来ます。

 

ひどくなると蓄膿症の手術が必要になってくるので体調管理をしっかりとするしかないか。

 

でも、ここまで辛い症状になるのに、熱はでないんですよ。

 

最後に熱を出したのは記憶がないくらい、娘が生まれる前かな…。

 

変なとこ丈夫なんですよ。

 

皆様も夏にたまった疲れが出てくる時期ですから、体調にはお気をつけて。

 

ここまでくると、もう抗生物質を病院でもらってくるしかないのですが、ここまで悪化するまでに何か手は打てればいいなと思います。
やはり風邪をひいたら副鼻腔炎になることを見越して、抗生物質をもらっとくしかないのかしら、、。

 

これからまた秋花粉の時期に入るし、あまりにひどいと蓄膿症ということで手術をすることになるので、体調管理を意識せねば!

 

しかし、ここまで辛いのに発熱はしないんだよな、私の身体。
最後に発熱したのは、もしかしたら娘が生まれる前かもしれません。
なんだか丈夫なんだかそうじゃないんだか、わかりませんね(笑)

 

みなさんも、夏の疲れが出てくる時期。
どうぞ体調にお気をつけ下さい。


このページの先頭へ戻る