副鼻腔炎が再発し、つらい状態です。

【質問】

7、8年前に、いつも鼻づまりの状態になり、しばらくは市販の点鼻薬で対処、その後副鼻腔炎の手術をして完治。

 

と、思っていたんですが1、2年前から再度同じような症状が出始めてまた辛い状態になってきました。

 

手術をした時は10日間くらいの入院で、鼻の奥の肉を削るようなものだったと記憶しています。

 

局部麻酔でしたがもう今まで経験のないくらいの痛みと出血でした。

 

現在の状態は何とかしたいんですが、あの痛い経験はもうしたくありません。

 

何か他にいい方法はないでしょうか。

 

スギ花粉症とは診断されていませんが、アレルギー性鼻炎と診断されたことはあります。

 

蓄膿症でもありません。

 

鼻の奥の骨が普通より曲がっているので、奥の肉が腫れると右側の空気の通りが悪くなる、とは言われたことがあります。

 

花粉症に治療にあるようなレーザー治療では私の鼻づまりは治らないんでしょうか?

 

【回答】

副鼻腔炎の再発だとすると、鼻の中の粘膜(下鼻甲介)が腫れた場合に鼻づまりが起きます。

 

2回目の手術の局所麻酔で下鼻甲介切除手術を行うとひどく出血することになります。

 

なので、私は入院をしてもらって全身麻酔をするようにしています。

 

最近は医療機器も進歩しており下鼻甲介を焼いて縮めることも可能になりました。

 

その場合であれば、痛みや出血はほとんどなしでできますし、入院もありません。

 

でも、これは症状の程度によりますから、重症な場合は入院としっかりとした手術をした方がいい場合もあります。

 

この判断は見てみないとわからないので、是非受診してください。

 

今の状態と今後どのように治療していくのかを一方的に医者に言われるだけでなく、自分でしっかり理解してから治療に入った方がいいと考えます。


このページの先頭へ戻る